本文へスキップ

TOMOはうす ペアレント・トレーニング ティーチャーズ・トレーニング 発達障害

TEL.

〒781-2110 高知県吾川郡いの町6406-4

アーリーバードプラスプログラムSERVICE&PRODUCTS

アーリーバードプラスプログラムとは?

このプログラムは英国自閉症協会(以下NAS)によって開発された、自閉症のお子さん(4歳〜9歳前後)をもつ親とそのお子さんに関わる専門家(教師、保育士病院や関係機関の支援者等)をサポートする3か月間のプログラムです。

このプログラムは、受講した保護者や専門家が「これならできそう」→「やってみよう」→「できた!楽しい!」と成功体験を重ねていき、自信と意欲がわいてきます。家庭と学校や幼稚園・保育所が一貫した支援を行うので、お子さんにとってよりよい支援がなされるようになります。

体験した保護者からは「未来が変わった!」専門家からは「この学びは一生の財産になった」等々高い評価を得ています。
世界各国から注目されるプログラムで、ライセンスを取りにたくさんの方々が渡英しています。

日本では、東京の「まめの木クリニック」に続いて、私たち「TOMOはうす」がこのプログラムを実施できる2番目の団体となりました。



The early bird catches the worm.
これは欧米の諺で「早起き鳥はよく虫をつかまえる」という意味です。日本でも「早起きは三文の得」という諺があって、ほぼ同じ意味です。イギリスに行った時には、レストランのメニューに「Early Bird Menu」というのがあって、早い時間帯に提供されるお得なメニューのことでした。日本だと
「モーニング」ですよね。つまり、「早い段階での支援が有効!」という意味でこのプログラムに≪Early Bird Plus≫という名前がつけられました。


【プログラムの内容】

  1. 自閉症を理解する:まずは自閉症の特性を理解しましょう。
  2. コミュニケーションの向上:お子さんの、そして親子間のコミュニケーションの向上を図りましょう。
  3. 行動を分析する:なぜ(why)その行動をとるのか分析して、そこからどうやって(how)支援するかを考え、更にお子さんへの理解を深めます。




 【プログラムの参加条件】

  1. 1チーム3名:保護者1〜2名、専門家1名。ただし専門家の参加が難しい場合は、保護者のみの参加もOKです。
  2. 専門家:お子さんに関わる専門家で保護者が参加を認めた方。毎回出席が難しい場合、欠席した時の内容の共有を保護者と行って下さい。また他の専門家が代わりに参加しても構いませんが、お子さんに関わりのある方で保護者が参加を認めた方に限ります。
  3. 参加費用:保護者ー1家族1万円+テキスト代4,000円  専門家ーテキスト代4,000円
  4. 対象のお子さん:生活年齢4歳〜9歳前後の自閉症の診断を受けたお子さん(またははっきりした診断は出てないが、保護者がそうだろうと思っているお子さん)
  5. アーリーバードプラスは自閉症に特化したプログラムです。


【4月13日インフォメーションミーティングの流れ】

  1. プログラムの内容、選考基準(1学期参加か2学期参加か)説明
  2. 参加の有無の検討
  3. プログラム参加は見送る、という方はここで退室
  4. 抽選と発表(年齢的に来年はプログラムの対象外になるという方を優先し、あとは抽選)
  5. 1学期の参加者どうしで日程、時間帯の検討と決定
  6. 2学期の方のインフォメーションミーティング:8月24日(土)


4月13日「インフォメーションミーティング」の実施要項はこちら


   【高知市1学期プログラム日程】
※参加者の都合のいい日に変更する場合あり

  • @5/11 A5/18 B5/25 家庭訪問6/1 C6/8 D6/15 E6/22 家庭訪問6/29
  • F7/6 G7/13  フォローアップ11/2

   【高知市2学期プログラム日程】
※参加者の都合のいい日に変更する場合あり

  • @9/14 A9/21 B9/28 家庭訪問10/5 C10/12 D10/19 E10/26 家庭訪問11/2~4
  • F11/16 G11/23 フォローアップ2/22

バナースペース

TOMOはうす

〒781-2110
高知県吾川郡いの町6406-4

   お問い合わせtomohouse2012@gmail.com

inserted by FC2 system