本文へスキップ

TOMOはうす ペアレント・トレーニング ティーチャーズ・トレーニング 発達障害

TEL.

〒781-2110 高知県吾川郡いの町6406-4

前年度のニュースNEWS&FAQ

2019/3/24
小学校の卒業式、いろいろな職場での人事異動、そして春休み突入。≪別れと出会いの春≫を痛感しながら、今ここで共に過ごす人たちとのご縁をかみしめています。「一期一会」を本当に大切にしていきたいですね。このHPも4月に2019年度版に一新します。(またパソコン教室に通わなくっちゃ)「アーリーバードプラスプログラム」のインフォメーションミーティング現在のお申込み状況:9チームです。
2019/3/17
先日、「健康カフェとりごえ(医療法人恕泉会 内田脳神経外科)」を見学させていただきました。2階には「通所介護あゆみ道場」も開設されていますが、誰でも利用できる、あったかくて素敵な「地域のコミュニティの場」でもありました。詳しくはブログをご覧になって下さい。「アーリーバードプラスプログラム」のインフォメーションミーティング現在のお申込み状況:8チームです。
2019/3/10
「アーリーバードプラスプログラム」のインフォメーションミーティング現在のお申込み状況:7チームです。
2019/3/9
「アーリーバードプラスプログラム」は希望者が多くなることが予想されますので、高知市では当初1学期だけの開催予定でしたが、2学期にも追加で開催することになりました。このプラムは1回につき最高6チームまで参加できます。4月13日に開催されるインフォメーションミーティングで1学期に参加か、2学期に参加なのかを決定します。そこでインフォメーションミーティングの参加申し込みは先着順で12チームまでで締め切らせていただきます。13番目以降の方は、来年度のウェイティングリストに登録させていただきますが、インフォメーションミーティングに参加されたものの参加を見送られたチームがありましたら、順番にご案内をさせていただきます。また、保護者としては参加したいが、4月にならないと専門家の参加がどうなるか分からない、という方は、保護者だけでもプログラムに参加できますので、とりあえずお申込み下さい。詳しくは「アーリーバードプラス」のページをご覧になって下さい。現在のお申込み状況:5チームです。
2019/3/7
「アーリーバードプラスプログラム」は3〜6チームがいっしょに学習を進めていきます。7チーム以上の参加希望があった場合、お子さんの年齢(10歳前後で来年はこのプログラムの対象外となってしまう)等で優先順位を決めたり、抽選で決めたりする場合もあります。4月13日のインフォメーションミーティングでは、@プログラムの説明Aプログラム参加の有無の検討B参加申し込みC参加者決定を行います。希望される方は、実施要項が最初のものとは変更になっていますので、新実施要項の申し込み方法に従ってお申込み下さい。現在のお申込み状況:3チームです。
2019/3/5
2月3日、3月2日に行った「アーリーバードプラスプログラム」ご案内の会には100人近くの方々がご参加して下さって盛況のうちに終わりました。プログラム参加条件等変更した点がありますので、詳しくは「アーリーバードプラス」のページをご覧になって下さい。インフォメーションミーティングの実施要項はこちらです。
2019/3/1
明日の「アーリーバードプラスプログラム」ご案内の会は、おかげさまで満席となりました。申し込みを締め切らせていただきます。残念ながら参加できなかった方は、このプログラムについての進捗状況など、折に触れてホームページやブログにアップしていきますので、時々ご覧になっていただけたら嬉しいです。
2019/2/27
2月20日に「アーリーバードプラスプログラム」について高知新聞に掲載されました。3月2日にこのプログラムのご案内の会第2弾を開催するのですが、新聞の反響が大きくたくさんの方から申し込みやお問い合わせをいただきました。ありがとうございます。定員50名のところ残席あと3名となりました。参加を希望される方はお早めにお申し込み下さい。また、会場の「ソーレ」は駐車場の数に限りがありますので時間に余裕をもってお気をつけておいでて下さいね。9:30〜11:00です。
2019/2/19
「アーリーバードプラス」のページを新しく作りました。よかったらのぞいてみて下さいね。2月3日に「アーリーバードプラス」支援者向けご案内の会を開催しましたが定員いっぱい50名のみなさんが集まって下さいました。次は3月2日(土)に保護者と支援者向けご案内の会を開きます。こちらはまだ人数に余裕があります。実施要項はこちら。
2019/2/17
「書かないで唱えて覚える漢字学習・漢字指導法」講座は参加者のみなさんのアンケート結果も大好評のうちに終わりました。この講座の中でも特にみなさんが、「えー、そうなの?」とうなったのが「国も学習指導要領も言っています!字体さえ合っていれば、違う字に見えなければ全部正解なのだと!とめ・はね・はらいは第2ステージの課題です」とおっしゃる道村先生の言葉でした。その論拠となる書籍を購入しましたよ。詳しくはブログをご覧になって下さいね。
2019/2/10
今日は、「書かないで唱えて覚える漢字学習・漢字指導法」の支援者向け講座が開催されました。参加者のみなさんのアンケート結果は、全員が「今後の実践の参考にとてもなった。」という高評価。動いて、唱えて覚える漢字指導法に参加者自ら大喜び。そして「国も学習指導要領も言っています!字体さえ合っていれば、違う字に見えなければ全部正解なのだと!とめ・はね・はらいは第2ステージの課題です」これには「目から鱗」がいっぱい落ちました。本日の様子はブログをご覧になって下さい。明日は保護者向け講座です。
2019/2/9
10日、11日は道村静江先生をお招きして「書かないで唱えて覚える漢字学習・漢字指導法」講座を開催します。10日は支援者向け、11日は保護者向け講座です。支援者向け講座は数にまだ余裕がありますが、保護者向け講座の方は申し込みを締め切らせていただきます。
2019/2/2
明日は「アーリーバードプラス」プログラムご案内の会です。たくさんの方に関心を持っていただき、満席となっております。会場の「ソーレ」駐車場は数に限りがありますので、参加者のみなさまは時間に余裕をもってご参加下さい。時間は9:30〜11:00となっています。
2019/1/8
あけましておめでとうございます。今年も楽しくて深い学びができるイベントをたくさん計画しています。どうかよろしくお願いしますね。さて、今日はお知らせを2つ。1点目3月2日に開催する「アーリーバードプラス」プログラムご案内の会第2弾の会場が変更になりました。2月の第1弾の会と同じく「ソーレ」の視聴覚室になりました。お間違いのないように!2点目:最近のTOMOはうすの講座参加申し込みは、「こくちーず」という画面から行っていましたが、こちらの技術不足のためか、申し込まれる方の機種やバージョンの違いによって、エラーが表示されることもあり、大変ご迷惑をおかけしていました。そこで、この3月2日の会の申し込みは「こくちーず」ではなく、従来の申し込み方法に変更しました。(すでに「こくちーず」で申し込みをされている方は受付完了ですのでそのままで結構です。)
2018/12/28
「アーリーバードプラス」プログラムご案内の会第2弾を3月2日(土)に開催します。1回目は2月3日(日)に支援者向けに行いますが残席あとわずかです。「2月はイベントが多くて参加できない。」という支援者の方も多かったため、同じ内容で第2弾を3月に保護者と支援者向けに開催します。実施要項はこちらです。
2018/12/27
ブログに、高知市でのティーチャーズ・トレーニング参加者のみなさんの感想文Bをアップしました。参加者のみなさんは、最終回で別れを惜しみつつ、トレーニングを終了しました。みなさんは、子どもたちとの接し方がみるみる上手になり、ささいなことでも具体的にその行動をほめる実践例の数々にこちらも学ぶことがたくさんありました。参加者のみなさんとの出会いに感謝感謝です。
2018/12/26
高知市でのティーチャーズ・トレーニングの感想文の紹介の続きをブログにアップしました。今回は、学校現場ではないところで子どもたちや保護者のみなさんと関わり支援をされている方々の感想文です。12月15日のNEWSに書いた友田明美さんは「共同養育者が多いほど、子どもの脳が発達する可能性が大きい」とおっしゃっています。素敵な感想文を読みながら、共同子育ての輪が広がっていくといいなあ、とつくづく思いました。
2018/12/18
高知市で行ってきたティーチャーズ・トレーニングが2コースとも、この12月で終了しました。半年間かけて行ってきたので、お互いのことを≪同志≫≪仲間≫と思える素敵なチームとなったことが嬉しかったです。そして何より、日々の実践についての困り感が、トレーニング開始前と終了後で比べると参加者全員が激減していたことに感動しました。みなさんのトレーニング終了後の感想文はブログをご覧になって下さいね。あまりに素敵だったので、これから連載で紹介していきます。
2018/12/15
11月23日〜25日まで、新潟市で開催されたLD学会に参加してきました。私の中での心に残るbPは「子ども虐待と脳科学」友田明美さん(福井大学子どものこころの発達研究センター教授)の教育講演でした。友田さんはNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」にも出演された人気講師です。虐待を受けた子どもたちの脳の容積がどれぐらい萎縮するのか具体的に示しながら、でもそれは「生き延びるために環境に適応している素晴らしい脳ともいえる」「子どもの脳は発達途上で可塑性という柔らかさをもっている。早いうちに手を打てば回復することが我々の研究でわかってきた。」とたくさんの事例を紹介して下さいました。この話にどれだけ勇気とやる気が湧いてきたことでしょう。この話を聞いただけでも新潟に来た甲斐があった!とつくづく思いました。詳しくはブログをご覧になって下さいね。
2018/12/3
12月2日はライフスキルトレーニングのクリスマス会でした。ふだんのトレーニングはASDの青年だけが参加するのですが、こういう楽しい時はお母さん方もいっしょです。ツリー飾りつけ、たこ焼きづくり、ケーキデコレーションと役割分担して楽しく活動できました。後のプレゼント交換やトランプなども盛り上がりましたよ。ブログをご覧になって下さい。
2018/11/28
今日はお断りとお知らせがあります。【お断り】「アーリーバードプラス」プログラムのご案内の会の申し込みについて、たくさんの方からこくちーず画面で「入力できない項目がある」という問い合わせがありました。私がLD学会に参加で新潟に行っていたため、すぐに対応できませんでしたが修正しましたので再度申し込みをお願いします。【お知らせ】「書かないで唱えて覚える漢字学習・漢指導法講座」(2月10日〜11日)の実施要領ができますした。今年夏の教員向け講座はキャンセル待ちが出たほどの人気講座です。希望の方はお早めにお申込み下さいね。
2018/11/22
「アーリーバードプラス」プログラムご案内の会の実施要項ができました。定員50名ですので参加ご希望の方はお早めにお申し込み下さいね。みなさんの参加をお待ちしています。
2018/11/15
今日はお知らせをいくつか。            @河内美恵さんの「ティーチャーズトレーニング」講座  場所が変更になりました。 1月13日〜14日       すこやかセンター →いの町天王コミュニティセンター   天王のサンプラザ東隣のガソリンスタンド東側の道を南へすぐの所です。                     A「アーリーバードプラス」プログラム報告会      ☆日時:2019年2月3日(日)9:30~11:00       ☆場所:こうち男女共同参画センター ソーレ  視聴覚室☆参加費:無料                    ☆実施要項:近日アップします。もう少しお待ち下さい。   B須崎市で「ペアレント・トレーニング」スタートしました お母さん方とのいい出会いがありましたよ。詳しくはブログをご覧になって下さい。
2018/11/05
最近、会う人会う人「イギリスはどうでしたか?」「アーリーバードプラス」プログラムってどんなのですか?」と尋ねて下さいます。そんなにみなさんに関心を持っていただいて嬉しい限りです。「アーリーバードプラス」プログラムの研修初日、講師の先生に「みなさんは専門家といわれる方々です。それだけに知識もあると思いますが、決して教え込んではいけませんよ。」と開口一番言われたことが大きな衝撃でもあり、一番の学びでもありました。詳しくはブログをご覧になって下さい。
2018/10/29
みなさん、お待ちかね!毎年恒例になった河内美恵さん(東京・まめの木クリニック)のティーチャーズ・トレーニング講座(1月13日曜~14月)の実施要項ができました。今年で4回目となりますが、毎年リピーターの方も多く、あっという間に満杯となりますので、早めにお申込み下さいね。   また7月の台風で保護者向け講座が中止になった「書かないで唱えて覚える漢字学習・漢字指導法」講座の日程も決まりました。(2月10日日曜教員向け11日月曜保護者向け)7月当初の予定では、保護者向け講座は半日でしたが、講師の道村先生のお話では「各地で開催してみると半日では時間が足らなかった。」とのこと。それで今回は教員向けも保護者向けも丸々一日たっぷり学べることになりました。実施要項は近日アップします。
2018/10/28
イギリスから帰ってきました。聞き取れない英語に四苦八苦しましたが、何とか「アーリーバードプラス」のライセンスを取得することができました。このプログラムを実施できるのは東京の「まめの木クリニック」に続いて、TOMOはうすが日本では2番目の団体になったということです。嬉しくもあり、でも「子どもたちや保護者にとって、一番大切な支援とは何か」をこのプログラムを窓口にみなさんにしっかり伝えていきなきゃ、とその責任の大きさをつくづく感じながら帰途に着いたことでした。イギリスでの研修についてはブログをご覧になって下さい。
2018/10/5
イギリスに明日(10/6)出発します。私たちがライセンスを取得する(できる予定ですが…)アーリーバードプラスプログラムについて、帰国したら来年1月あたりに説明会を実施しますね。自閉症のお子さんをもつ保護者の方やその支援者の方々のお役に少しでも立てるよう張り切って学んできますね。というわけで、このHPは10月下旬頃まで更新できませんが、楽しみに待っていて下さい。アーリーバードプラスプログラムについては、こちらをご覧になって下さい。
2018/09/24
パソコンを修理したらこのホームページのデータがうまく保存できていませんでした。それでこの「NEWS」の7/30~9/9までが消えてしまいました。トホホ。10月27日(土)開催の「簡単・時短・10分で教材を作ろう」講座の実施要項はこちらです。
さてイギリス自閉症協会(NAS)が開発した、自閉症の子どもと保護者、そしてその支援者をサポートするプログラム「アーリーバードプラス(EBP)」を実施できるように10月にそのライセンスを取得するため、イギリスに行ってきます。英語がさっぱりなので不安と期待とでドキドキしています。 詳しくはブログをご覧になって下さいね。
2018/07/18
「書かないで唱えて覚える漢字学習・漢字指導法講座」の7月28日(土)の教員向けは定員に達しました。キャンセルが出ましたら、順番にご案内しますのでそれでもよろしければ「駄目もと」でメール下さいね。なお29日(日)保護者向け講座は、まだ余裕があります。さて、先日の豪雨では西日本は大変な被害がありましたね。復旧活動をされている方、ボランティアの方、避難所生活を送られている方等々この暑さが心配です。東日本大震災の時でも言われていましたが、発達障害のある人は感覚過敏などがあって避難所生活送るのは困難だったそうです。感覚過敏については、当事者でないとなかなかわかりづらいです。イギリス自閉症協会がYouTubeにアップした「Can you make it to the end?」をぜひご覧になって下さい。私たちは、同じ感覚は持てなくても、彼らの代弁者になれるよう努力していきたいですね。
詳しくはブログをご覧になって下さいね。
2018/07/3
こんな質問をいただきました。「書かないで 唱えて覚える漢字学習・漢字指導法講座の7月29日(日)の保護者向けは、発達障害のある子どもの親、ということですか?」 いえいえ、発達障害のあるお子さんはもちろんのこと、漢字が嫌いなお子さんや、そこそこ覚えてはいるがやっつけ仕事のように宿題の漢字を終わらせている子どもなど、つまり楽しく漢字を覚えたい、というお子さんにはおすすめの学習法の講座なんですよ。詳しくはブログをご覧になって下さいね。
2018/06/26
7月28日(土)29日(日)「書かないで 唱えて覚える漢字学習・漢字指導法」講座においでる道村先生が開発したのが「ミチムラ式漢字学習法」。これには、漢字が苦手な子どもたちに対する、たくさんの指導の工夫が詰まっています。苦手さの原因も様々ですが、それらに対応するきめ細やかな手立ての実際を、道村先生のご著書『読み書きが苦手な子もイキイキ唱えて覚える漢字指導法(道村静江著 明治図書)』から、少し紹介しますね。ブログをご覧になって下さい。  
2018/06/25
7月28日(土)29日(日)「書かないで 唱えて覚える漢字学習・漢字指導法」を開催します。講師の道村静江先生は、盲学校の弱視学級で編み出した漢字学習をもとにこの学習法を開発されたそうです。私が、道村先生を高知にお呼びしたい!と思った一番の理由は、発達障害のある子どもはもちろんのこと、漢字に苦しんでいる子どもたちみんながこの方法なら楽しんで覚えられる!と思ったからです。詳しくはブログをご覧になって下さいね。
2018/06/17
仁淀川町で行われていたペアレント・トレーニングが終わりました。みなさんの嬉しいリクエストで、フォローアップ講座も開催することになりましたよ。みなさんの感想は、ブログをご覧になって下さい。高知市でのペアレント・トレーニングは4回目が終わったところです。高知市での第U期ペアレント・トレーニングは9月15日からスタートすることになりました。もうすでに希望者がおいでますので、お申し込みはお早めに。実施要項は、こちらをクリック!
2018/06/13
6月2日に行われた「行動分析講座」のみなさんの感想の一部をブログで紹介しました。「ほめる」ことって単に子どもをおだてること?ほめそやすこと?いえいえ、それは本来、人のDNAに組み込まれた、生命の泉ではないでしょうか?などなど、みなさんの感想をもとに綴ってみました。ブログをご覧になって下さい。
2018/06/10
6月9日から「ティーチャーズ・トレーニングBコース」が始まりました。Bコースのメンバーは、小学校と聾学校の先生、そして保育園の園長先生といった顔ぶれで、アットホームな雰囲気でのスタートとなりましたよ。
2018/06/3
6月2日に「行動分析講座」を開催しました。行動分析(何やら難しい漢字4文字ですが…)は、子どものつまずきの原因を見つけ=謎解き、子ども本来が持っている宝を探すために行うものです。たくさんの参加者の方たちと、宝探しがいっぱいできましたよ。ブログをご覧になって下さい。
2018/05/ 29
今日は、はなみずき会主催の幼児教育講演会でお話しした後半部分について、ブログに書きました。「ティーチャーズ・トレーニング」の最初の1番のポイント「肯定的な注目」と「否定的な注目」についてです。
2018/05/28
5月26日にはなみずき会主催の幼児教育講演会でお話させていただきました。テーマは「気になる子どもの行動分析の仕方と具体的な支援方法」。前半は行動分析、後半は「ティーチャーズ・トレーニング」の最初の部分を行いました。時間が限られていたのでビュンビュン進み、みなさん、消化できたかしら。ちょっと心配です。今日は、前半の「行動分析」についてブログに書きましたよ。
2018/05/24
昨日のNEWSに「メールを下さった方に返信できず困っている」と書きましたが、その方がこのHPを見てお返事下さいました。そうして、9月からのペアトレに参加されることになりました。よかったよかった。一件落着!!
2018/05/23
今日(5/23)「7月以降にペアレント・トレーニングを実施する予定はありますか?」という問い合わせをメールでいただきました。「9月から実施する予定です。」とお返事したのですが、こちらのメールを受信できない設定になっているようで届かず返ってきてしまい「待って下さっているだろうになあ。」と困っています。そこでこの場でご案内を。「第2期ペアレント・トレーニングは9月から土曜日午前中に開催する予定です。」詳しい実施要項は7月になって、掲載します。できるだけ参加者のみなさんの都合のいい日に開催したいので、ご希望の方はTOMOはうすまで早めにご連絡下さい。なおその際には連絡のつく電話番号も記載して下さいね。どうか、今日、問い合わせて下さった方が、このNEWSを読んで下さいますように!
2018/05/21
18日(金)から仁淀川町で、19日(土)からは高知市でティーチャーズ・トレーニングが始まりました。仁淀川町は、20歳の保育士1年目先生や養護教諭、学童の指導員さんが、そして高知市の方は保育所や小学校、特別支援学校の先生、言語聴覚士、保健師、高知市教育研究所の先生方などさまざまな職種の方が集まり、和気あいあいとスタートしました。会場は笑顔で満開となりましたよ。詳しくはブログをご覧になって下さい。
2018/05/16
お待たせしました!「高知初!書かないで、唱えて覚える漢字指導・漢字学習法」講座の要項ができました。漢字指導についていろいろ教材を探していたところ、昨年LD学会で出会ったのが、今回の講師道村静江先生でした。道村先生は、盲学校に勤務されている時に、盲児への漢字学習に挑戦され15年かけて中学校までの漢字教材を完成させました。この指導法によって、漢字の読み書きに苦しんでいる発達障害のあるお子さんをはじめ、たくさんの子どもたちが「学ぶ楽しさ・知る喜び」に目を輝かせたそうです。まずは大人の私たちが漢字の楽しさを知り、そしてその楽しさを子どもたちに伝えていくために、ぜひお誘いあわせの上、ご参加下さい。7月28日(土)は支援者向け、29日(日)は保護者向けです。実施要項はこちら。
2018/05/15
今週の金曜日(18日)から仁淀川町で、土曜日(19日)からは高知市でティーチャーズ・トレーニングが始まります。高知市の方は、嬉しいことに定員を上回る申し込みがありました。このトレーニングは、ロールプレイをうんとしてそのスキルを身につけることが目的ですので、10人を超すと一人一人にロールプレイをする十分な時間確保ができにくくなります。以上の理由で本当に申しわけなかったですが、一部お断りさせていただいた方もいらっしゃいました。でもでも…みなさんの学びたい!という熱意が嬉しくて、急きょ、ティーチャーズ・トレーニングBコースを設けることにしました。土曜日午後がゆっくりできていいと思いましたが、会場があいていなくて土曜日9:30〜11:30.ソーレが会場です。@6月9日 A7月14日 B9月15日 残り3回は参加者のみなさんと話し合って決めます。実施要項はこちら。
2018/05/10
今日のお仕事場所は仁淀川町のある小学校。ふと窓の外を眺めると、またまたみやもっち先生登場。今日は1・2年生にはジャングルジム遊び(鉄棒の学習の前段階)と3・4年生には鉄棒の逆上がりの授業でした。こんな方法があったのか!と驚きの連続でした。鉄棒大嫌いな子どもたちが授業の後にはにこにこ笑顔。みやもっち体育、脱帽です。詳しくはブログをご覧になって下さいね。みやもっち体育のフェイスブックはこちらをクリックして下さい。
2018/05/9
宮本忠男先生の「みやもっち体育」をみなさん、ご存じですか?宮本先生は、高知県下の幼稚園・保育所・小学校などをまわられて、子どもたちと楽しい運動遊びを行っていらっしゃいます。何年も前から「子どもたちが遊びの中で生き生き活動し、結果的に心も体も発達していく。」と伺っていました。これまで参観する機会がなかったのですが、とうとう今週月曜日に夢が叶いました。保育所で見学させていただいたのですが、「次は何?」と子どもたちの瞳は輝きっぱなし。こんな運動遊びなら、発達障害のある子どもたちも喜んで参加できるなあ!そんな嬉しい予感がしてわくわく感がとまりません。来年度は、ぜひTOMOはうすにお招きして、みなさんと「みやもっちワールド」を体感したいな、と思った笑顔あふれるすてきな楽しい時間でした。詳しくはブログをご覧になって下さいね。
2018/05/4
ブログ・フェイスブックのページが完成しました。これまでのブログは私、管理人(久武)が書いていましたが、新たにICT担当のブログ(水町)とTOMOはうすのフェイスブックを作りました。私も連休明けの実践にすぐ役立つ本の紹介をアップしました。よかったらご覧になって下さい。
2018/05/2
6月2日(土)9:00〜12:00 旭の「ソーレ」にてTOMOはうす主催の講座「気になる子どもの行動分析の仕方と具体的支援」を開催します。昨年12月、高知県保育士研究大会の分科会で、このテーマでお話させていただきましたが「とても楽しく役に立った。」という感想をたくさんの方からいただきました。今回は参加者のみなさんが持ち寄った事例を分析し、具体的な支援策を考えていきますので明日からの実践に役立ちますよ。実施要項はこちら。
2018/05/1
4月30日(月)NHKの「あさイチ」で「大人の発達障害」の特集番組がありました。たくさんの当事者が出演され、ご自身のことを率直に語っていらっしゃいました。本では、当事者の困り感についてなどいろいろ読んでいましたがご本人のお話に「これほど!?」と改めて、その生きにくさの一端を教えてもらった気がしました。詳しくはブログをご覧になって下さい。当事者が書かれた書籍も紹介しています
2018/04/26
仁淀川町で行っているペアレント・トレーニングを受講されているママさんが、ご自身のブログにトレーニングを受けた感想やお子さんとのやりとりの様子を綴られています。トレーニングで学んだことを一生懸命実践しているママさん、にこにこ笑顔でいい行動がどんどん出てくるお子さん。目に見えるようです。子育てのお役に立てているようで本当に嬉しいです。ママさんのブログはこちら。高知市のペアレント・トレーニングは明日4月27日(金)からスタート。まだ定員に余裕があります。ご希望の方はメールでお申込み下さい
2018/04/23
前週から仁淀川町内の公立の全保育所の巡回に行っています。子どもたちに癒され、やる気満々の先生方に元気をいただいています。これを機に読み直した本がありますが、つくづく「これは名著だ!」と思ったことでした。それが今週のおすすめの本です、ブログをご覧になって下さい。
2018/04/22
4月13日(金)から仁淀川町でぺアレント・トレーニングを始めました。参加者のみなさんはやる気満々でさっそくお子さん相手に実行。素敵なエピソードがいっぱいです。詳しくはブログをご覧になって下さい。高知市のペアレント・トレーニングは4月27日(金)からスタートです。まだ定員に余裕があります。興味のある方はこちらを!
2018/04/20
4月16日(月)NHK「あさイチ」で「発達障害かも…と言われたら」という特集が放送されました。1時間余りの放送でしたが、あっという間に3200通を超すメール・faxが寄せられ保護者の方々の困り感・悩みが浮き彫りにされました。詳しくはブログをご覧になって下さい。
2018/04/11
TOMOはうすのホームページをリニューアルしました


バナースペース

TOMOはうす

〒781-2110
高知県吾川郡いの町6406-4

   お問い合わせtomohouse2012@gmail.com

inserted by FC2 system