本文へスキップ

TOMOはうすは発達障害のある方たちとその支援者の方々をサポートしていきます。

TEL.

〒781-2110 高知県吾川郡いの町6406-4

今回のセミナーレポートRECRUIT

2016年10月1日に行われた「SST講座とパワーポイント講座」に参加されたみなさんの感想文を紹介します。

みなさんの感想文 集計結果(4段階評価)  

①この講座は今後の実践の参考になりましたか?
  4(とてもそう思う):100% 3(  そう思う):0% 
  2(あまり思わない): 0% 1(全く思わない):0%
②この講座は楽しかったですか?
  4(とてもそう思う):100% 3(  そう思う): 0%
  2(あまり思わない): 0% 1(全く思わない): 0%

  • 展開が早くてついていくのに精いっぱいでした。自分で使ってみて、身につけていこうと思いました。【担当者より】お疲れさまでしたねもしわからないことがありましたら、ご連絡下さい。
  • 短い時間の中で、とてもたくさん学ぶことができました。SSTは勉強不足で、このような具体的な研修を開催して頂き本当に良かったです。今後もSSTを学んでみたいです。今、保護者への評価結果や訓練内容の伝え方が気になっています。発達の遅れなど、自分が思っている以上に保護者は気になっているのではないかと思われます。【担当者より】ある小児科の先生は、「お子さんの障害名を保護者に伝える際、帰り道、無理心中するのではないか、とそれを一番心配する。」とおっしゃっていました。私たちは、そのことを心にしっかりとどめて、お子さんや保護者のみなさんに寄り添っていきたいですね。
  • 集団への指導をすることはあまりありませんが、個別指導をしていく中で、集団への般化は必須となるため、今後自分の臨床を考えていく中で勉強になりました。就学する、またはした子どもたちが困らないような、情報提供・共有ができればと考えます。発達障害児に対する学校で実際に行われている支援方法など、今後学びたいです。
  • 実際に自分がロールプレイングに参加できて、やり方や相手の気持ちを感じることができました。「落ちた落ちた」はさっそく臨床に取り入れていきたい、と思いました。ありがとうございました。12月24日のティーチャーズ・トレーニング講座に参加しようと思っています。【担当者より】12月24日、25日の河内美恵先生によるティーチャーズ・トレーニング講座では、かなりの時間を使ってロールプレイするので、生きた学びが楽しくできますよ。お楽しみに!
  • 実際に気になる子どもの実例を取り上げていただいたので、関わり方や自分の言い方をどうすればよいか、がよく分かりました。ロールプレイングを経験できたことが楽しかったので、子どもたちも楽しんで参加できると思いました。ティーチャーズ・トレーニングは何回でも参加してみたいです。【担当者より】12月24日、25日のティーチャーズ・トレーニング講座、ぜひご参加下さいね。1日でもokです。
  • より具体的な内容のお話で楽しく学ぶことができました。ロールプレイは恥ずかしさもありましたが、実際にすると身に付きやすいなあと思いました。 お子さんと関わる中で気になることは、カードやロールプレイでの限られた場面では適切な回答ができるが、なかなか般化しないということ。カードは、大げさに場面設定していることもあって分かりやすいかなとも思いますが、日常の場面では恥ずかしいようです。ありがとうございました。【担当者より】学校現場では、SSTの授業の後、望ましい行動が少しでも出た瞬間にほめたり、保護者に伝えたり、他の子どもたちに紹介したりすると、般化しやすいです。臨床の現場では難しいでしょうか?また一緒に勉強しましょうね。
  • SSTもパワーポイントも現在知りたかったことなので、本当に勉強になりました。SSTはもっとロールプレイをやってみたかったなと思いましたが、限られた時間の中で重要なポイントを教えていただいてありがとうございます。今後、ICT(AT)、ペアレント・トレーニング、ABA、特別支援教育、ライフスキルが含まれる研修会には参加したいです。本日のSSTでも教えていただいたのですが、カードやイラストで提示してロールプレイもやってみたのですが、般化が難しいと感じています。ST室ではうまくできても生活の中では別物としてとらえられていて動けないお子様が本日、アドバイスしたいただいたお子様です。【担当者より】上記の方と同じく、般化が難しいようですね。学校では集団の力を借りて、肯定的注目をすることが大きな力になっています。学校との連携がこれからの課題でしょうか。

バナースペース

TOMOはうす

【代表者プロフィール】
久武夕希子
小学校教員・特別支援教育士

クリックして詳しい内容を
ご覧下さい ↓

YouTube
inserted by FC2 system