本文へスキップ

TOMOはうす ペアレント・トレーニング ティーチャーズ・トレーニング 発達障害

TEL.

〒781-2110 高知県吾川郡いの町6406-4

ペアレント・トレーニングSERVICE&PRODUCTS

ペアレント・トレーニングとは

 このペアレント・トレーニング・プログラムは米国マサチューセッツ大学のバークレー博士(R.A.Barkley)の研究と、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)でフランク博士(F.Franke)の指導のもと1983年からペアレント・トレーニングを実施しているウィッタム女子(C.Whitham)のプログラムを参考にして国立精神・神経センター精神保健研究所児童・思春期精神保健部のチームによって作成されたものです。日本の家族に適用しやすいように、児童の発達にかかわる相談や療育の機関で実施しやすいようにと意図して作成したプログラムです。『発達障害のペアレント・トレーニング実践マニュアル(中央法規)より』


 お子さんの問題(と思われる)行動を修正するということに焦点を当てるというよりは、親が子どものもつ困難さを理解し、親子がよりよいコミュニケーションで家庭生活を送れることを目的としたトレーニングです。
「どのタイミングで、どこに立って、どんな表情や声で、何と言って、子どものどんな行動をほめるのか」などを具体的なロールプレイを通して学んでいきます。
「こんな機械的なことでいいの?」と半信半疑で取り組まれた保護者のみなさんは、返ってくるお子さんの反応に「このような具体的で短い誉め言葉が子どもに届くのですね。」とびっくりするやら、感激されるやら。
機械的、と思われるぐらい具体的だからこそ、保護者のみなさんは取りくみやすいです。そしてこのプログラムの素晴らしさは、子どもたちが実証してくれます。


2018年度春の実施要項はこちら


○○○○○○○○イメージ   ○○○○○○○○イメージ

バナースペース

TOMOはうす

〒781-2110
高知県吾川郡いの町6406-4

tomohouse2012@gmail.com

inserted by FC2 system